Kanno So + yang02 《Avatars》

日本語 / English

作品概要Outline

本作は、電話やカラーコーン、石膏像、車、植物など大小さまざまなオブジェクト(アバター)で構成されるインスタレーション作品です。空間に配置される日常的なオブジェクト(アバター)には、カメラ、マイク、モーター、小型コンピューターなどが組み込まれ、インターネットに接続されています。鑑賞者はウェブブラウザからそれぞれのアバターにログイン(憑依)して作品を体験することができます。自分の身代わりとして存在するアバターは、仮想空間ではなく物理法則が支配する現実空間に存在し、そこには生身の人間(観客)も存在します。IoTに代表されるようにあらゆる物がネットワーク化され、人工知能が成熟しようとしている現在、自律性を持たない無機物である物たちが、意思を持った者となり世界を知覚し動き出した時、そこに立ち上がってくる新たな関係性を観察する作品です。

This installation is composed of different kinds of sized objects, including a telephone, a traffic cone, a plaster figure, a car, and a plant. Cameras, microphones, monitors and microcomputers are embedded in everyday objects arranged in the exhibition space, and connected to the Internet. Visitors can experience the work by logging in to, or, "riding" each object via a web browser. Those objects exist as substitutes of – yet together with – real human beings (the visitors) in the same real environment that is subject to physical laws, rather than operating in a virtual space. Against the backdrop of the age of IoT, where all kinds of things are connected through networks, and artificial intelligence is expected to mature, this work observes the new relationships that emerge when inorganic, non-autonomous objects transform into persons that act and perceive the world according to their own intentions.

注意事項Notes

本作の展示ブースは、現実空間とインターネットが重ね合わされた特殊な環境となっています。インターネットからの鑑賞者は、アバターに憑依し、展示ブースに遠隔で作用することができます。アバターによっては、会場の観客とコミュニケーションをとることも可能です。

アバターに憑依するためには、メールアドレスとお名前の登録が必要です。 以下の注意事項および利用許諾条件をよく読み、同意の上、登録画面へおすすみください。

The exhibition booth is specially designed combining the physical environment and the Internet. Online visitors are able to ride (possess) one of avatars and remotely control its actions, and even communicate with other visitors at the venue through specific avatars.

If you would like to participate in “Avatars”, you are required to register your name and e-mail address. Please read and accept the following guidelines and terms and conditions carefully before proceeding to the registration screen.

  • 展示ブース内には、異なる特性を持つアバターが複数存在しています。憑依するアバターは自動的に振り分けられますので、ご自身で選択することはできません。
  • アバターは、国立新美術館で開催されている文化庁メディア芸術祭受賞作品展会場において稼働することになります。周辺の状況によく注意して稼働させてください。アバターの中には、光を発したり、強い風を起こすことのできるものもあります。意図せず事故につながる可能性がありますので、憑依しはじめは、自身の置かれた状況が把握できるまで慎重に行動してください。
  • アバターに憑依した際、マイクをアクティブにするか否かの選択肢が画面に表示されるものがあります。アクティブにするを選択をした場合、ご自身の利用環境の音声が、現実空間の展示ブース内にて再生される可能性がありますのでご注意ください。また、暴力的な言葉を使うなど、第三者に不快感を与えたり、公序良俗に反する不適切な言動は行わないでください。
  • 周辺にいる観客の生命・身体・財産に対して故意に損害を与える行為及び損害を与える可能性のある行為は禁止します。
  • 本作へ参加することにより、何らからの不具合や損害が発生した場合、当展覧会および国立新美術館は一切の責任を負いません。また、参加者の行為によって、作家、作品の所有者、当展覧会および美術館に損害が発生した場合、当展事務局より損害倍賞を請求する場合があります。
  • There are several avatars with different features in the booth. An avatar you connect to will be selected automatically, thus you are not able to choose by yourself.
  • Avatars are operated in a real space at the exhibition venue in National Art Center, Tokyo, during Japan Media Arts Festival. Please pay careful attention to the surrounding conditions. Some of the Avatars emit intense light or generate strong wind that unintentionally could lead to an accident, so please be cautious until you get a hang of the surroundings right after you connect to an avatar.
  • When you connect to specific avatars, the screen will appear and you will be able to choose whether or not you want to activate your microphone. In the case that you choose to activate it, please be aware that sounds in your private environment may be audible to the exhibition venue via the avatar.
    When communicating with other participants, please refrain from using language or behavior that may cause discomfort to other participants or otherwise offend public order and morals.
  • Acts that intentionally or potentially inflict any damage to the lives, bodies or properties of visitors at the venue is strictly prohibited.
  • Japan Media Arts Festival and the National Art Center, Tokyo do not assume responsibility for any trouble and damage. If participants cause any damage to the artist, ownership right of the work, the exhibition or the museum, Japan Media Arts Festival Secretariat Office may claim payment for damage.

本作では、アバターから配信される映像音声の二次利用(SNS等での投稿を含む)に関して下記の条件の範囲内で認めています。

Secondary use (including posts on social media) of images and sounds transmitted from the avatars are permitted within the following terms and conditions.


◼利用許諾条件◼Permission for use

  • 取得した映像音声や写真を営利目的に利用しないこと
  • 映像に写り込んだ第三者の肖像を個人が特定できる形で使用しないこと
  • 第三者の名誉声望を害する方法、又は公序良俗に反する方法で使用しないこと
  • 録画された映像音声を二次利用し公開する際には、自身の責任において行うこと
  • 何らかの不具合や損害が発生した場合、当展覧会および美術館は一切の責任を負いません。また、二次利用によって作家、作品の所有者、当展覧会および美術館に何らかの損害が発生した場合、本展事務局より損害賠償を請求する場合があります。
  • Do not use acquired images and sounds for profit.
  • Do not use images if they contain other identifiable persons.
  • Do not use images in any other way that may harm the honor or reputation of other people, or that offend public order and morals.
  • The user shall take complete and sole responsibility regarding the secondary use of recorded images and sounds.
  • Japan Media Arts Festival and the National Art Center, Tokyo do not assume responsibility for any trouble and damage. If any damage is caused to the artist, the owner of the work, the exhibition or the museum due to the secondary use of materials, Japan Media Arts Festival Secretariat Office may claim payment for damage.

上記の注意事項及び利用許諾条件を守り、展示ブースに訪れる来場者とのコミュニケーションをお楽しみください。

Please follow the guidelines and terms and conditions upon participating in Avatars and enjoy communicating with the visitors in the exhibition booth.

本日は閉館しました、またのご来場お待ちしております。

We are closed for today. See you tomorrow.

JMAF

申し訳ございません、お使いのブラウザではご鑑賞できません。PCのChrome又はFirefoxから再度ご入場ください

Sorry you can't enter from your browser. Please visit again from Chrome or Firefox on your computer.

JMAF